CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVE
PrOfIlE ///
OtHeRs ///
<< セドナパワーの枯渇 | main | あるお母さまからのメール >>
高円宮杯英語弁論大会出場決定〜!
 
英語のスピーチの中には英語学習のすべての要素が入っています

ある意味、それ以上のおまけの学びがたくさんあります

 
スピーチ練習をする前と後では
生徒は別人のごとく成長してくれます
その後のその生徒さんの夢や目標が高くなるのを
これまでたくさん見てきました
そして、ほとんどの生徒さんがそれをしっかり叶えています

ですから、チャンスがあるなら絶対やった方がいいと思います

スピーチ指導を依頼されると
本気でやる気があるのかどうかを確かめさせていただきます

実力や自信はなくても、本気でやりたいかどうかだけがポイントです

 
今年は県外からスピーチ指導のご依頼があり
メールと電話での指導をさせていただきました

いつもは、面と向かって
まるで生徒と相撲をとるような形でスピーチ指導をしてきました

今回は電話、はるか遠くに住む生徒さんです

やってみてこれが結構良かったです

声からいろんな事が読みとれました

指導にエネルギーを注いだのが感情移入
やり取りにコーチングも使いました

そして、立ち方、動きやアイコンタクトなども電話で指導させていただいたのですが
声を通して、ちゃんとできているかどうか伝わってきました

どんどん彼女の目が開きはじめ、こころも成長しているのが感じられました

そして、県大会見事優勝
東京での高円宮杯英語弁論大会への出場権をつかんでくれました

彼女のスピーチの時
会場が静まり返り、明らかに空気が変わったそうです

そして、
ご本人とお母さまから感想をいただきました
了解を得てここに公開させていただきます

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

松田真依(中学3年)

わたしが全国大会に出場できたのは、早藤さんの力が大きいです。

声の出し方やアイコンタクトのコツなど、親切に教えて下さいました。それに、わたしが一番課題としていた表現力の指導をていねいに優しくやってくださったお陰で、すごく自信がつきました

自分でもびっくりするくらい気持ちがはいって、そしてなにより楽しんでスピーチすることができました

「聞いてくれる人に、すてきな一曲をプレゼントするように」
このアドバイスのお陰で、わたしは結果にこだわらず、のびのびとスピーチしようと思えました。

本当にありがとうございました。




県予選の約1か月前のことです。ネットで「スピーチ指導スクール」を何度も検索し、やっと見つけた学校がUI School of Englishでした。

スピーチ指導に対する熱い思いを読み、「自分が探し求めていた指導者がここにいた!」という直観で電話をかけました。

そして、
UI School of Englishは私の期待をはるかに上回るすばらしい学校でした
まず、対応に「誠意」があること、そして指導に「理念」があることです
短い期間ではありましたが、早藤先生のご指導のお陰で娘の表現力は飛躍的に伸び、何より楽しんでスピーチをしようという姿勢が出てきました。このようなすばらしい指導者が身近にいる
UI School of Englishの生徒さん達がうらやましい限りです。近くにこのような学校があれば、どんなに良いか・・・。娘と私の高円宮杯英語弁論大会(全国大会)出場という夢が叶ったのも早藤先生に巡り合えたお陰です。

先生の指導はスピーチを通しての人間指導ですので、今後も先生の指導を仰ぎ、娘が人間的にも成長していくのを楽しみにしております。本当に出会えたことに感謝です。

高校生になっても大学生になってもずっと先生にスピーチ指導をしていただけたらと思っています。どうかよろしくお願いします。

 ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

身に余る感想を寄せていただきました


スピーチ指導は学校ではほとんどやってもらえないので
生徒たちも本当の英語スピーチを聞いたことがない人が多いのです

スピーチができる英語力をつけることはとても大事なことだと
多くに人にご理解いただきたいと思います

これからの子供たちも
チャンスがあればぜひ、挑戦してください


Posted by : uischool | 英語学習のこと | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.ui-school.com/trackback/1026956